直言!土屋正忠のブログ

直言!土屋正忠のブログ

東京マラソン36000人の参加-小池知事がスターターとなったが石原知事の発案だ。

26日、人気の東京マラソンが行われた。第11回目と歴史は浅いが、大盛会の世界最大級のマラソン大会となった。

小池知事がスターターを務めたのが印象的だが、石原知事が強いリーダーシップで始めた大会だ。小池知事は、リオオリンピックで大会旗を大きく振ったが、三年後に迫った東京オリンピックも石原知事の発案で始まった。

 

豊洲という難題も、東京マラソンも、東京オリンピックという栄光も、共に背負っていくのが知事なのだ。

 

都議会で、自治法100条の特別委員会を設置し審議する豊洲問題も単なる悪玉探しではなく、国際基準にあった中央卸売市場をどう整備するかという視点で論議して欲しい。

東日本大震災の被災地、三陸地方振興のため盛岡に行く

2月25日(土)の午後から盛岡に伺い、16時から岩手県庁で県の幹部と三陸鉄道中村社長と2時間余り会議。続いて懇親の場で2時間、合計4時間余りにわたって被災地三陸地方の振興について意見交換した。

 

被災した市町村は13で、その内12が海岸に面している。現在、防波堤、高速道路、鉄道を中心に着々と整備されている。

 

各市町村で、復興住宅建設も軌道に乗ってきた。主たる産業の漁業も回復基調。復興期間は10年で残り4年だ。復興工事は完成しつつあるが、被災前に27万人の居住人口がいたがどこまで戻ってくるかが課題。

 

一都三県には、3500万人の人が住んでいるので、首都圏の人々に第二の故郷として四季折々に来訪してもらうことが大事だ。そのきっかけとして三陸鉄道のオーナー募集したらどうかと提案。

 

13市町村連合を作ると共に、復興庁に今村大臣を訪ねて欲しい。そして、三陸鉄道のオーナーになってもらったらと提案した。私は、今村大臣との架け橋となることを約束すると共に、東北観光推進機構との連携も提案した。

 

岩手県政策地域部長、総務部長、関連の部課長、三陸鉄道の中村一郎社長、各々休みの中、出てきてくれて三陸の未来について力強く語った。

平成29年度予算が本日衆議院可決-明日から参議院で審議。一ヶ月以上あるので年度内可決確実。

本日、2月27日午後5時23分に平成29年度予算が自・公、亀井静香氏等の賛成で衆議院で可決された。

 

採決が28日という見方もあったが、結果として一日早い可決だ。参議院に送付して一ヶ月以内に採決されない時は、衆議院の可決が優先するので年度内成立が確実だ。

 

民進党の反対理由は

①文科省天下り問題

②共謀罪反対

③南スーダンにおける自衛隊PKOについての情報隠しと稲田大臣に対する不信

④大阪の国有地払い下げ問題

等を挙げた。

これらは大事な問題だが、経済・国防・社会保障・教育等のように国政の本流本質ではない。

 

我々、政権与党は脇を固め謙虚にならなくてはならないが・・・。

邑上市政の自壊が始まった~武蔵境駅北口市有地600m2を実質7万円で業者に貸し付けることの反対集会、150名が集まる

2月22日(水)武蔵境スイングホール11階で、反対集会があった。

90席用意した椅子を次々に補充し、150席が埋まった。普段、見慣れない顔も多い。反対ビラを見て参加したという。

この計画は、

①駅前の一等地600m2を月額47万円で、業者に30年間貸し付ける(定期借地権つき)

②民間事業者は2階建て延べ1000m2の建物を建て、2階部分の半分200m2を、市が月額40万円で市政センターとして借りる

③1階の500m2は、民間事業者が営業として使う。また屋上はバーベキュー場として営業する。差し引きたつたの7万円で貸すことになる

④さらに建物を建設中の1年間は、地代をとらないという。驚くべき民間事業者厚遇である。

この計画の重大な欠落点は、この土地は100万円/m2×600m2=6億円の価値のある土地であり、この土地の資産価値をまったく無視しているところにある。

普通、超一等地の借地権価格は、自用地(更地)の8割といわれる。

この土地は、公示価格91万円/m2。実際には100万円と言われているので、600m2の資産価値は6億円だ。

30年間の定期借地なので、30/70かけても2億5000万円、都市計画の制限を割り引いても、1億数千万円の資産価値のある物件だ。

当然、権利金として1億数千万円をもらっても良い物件なのだ。

そもそも600m2の借地権と市政センター分の200m2の借家権が同価値というのも常識ハズレの金額だ。

自分が駅前の一等地600m2を所有していたら、こんなことは絶対にしないはずだ。

市民の財産を毀損していると言われてもやむを得ない。損害賠償の対象だ。

3月武蔵野市議会での市議会議員のきちんとした対応が待たれる。

木村もとなり都議会議員(小金井市選出)自民党を離党、総支部長解任へ。

昨日2月20日、小金井市選出の自民党公認 木村もとなり都議会議員が離党届を出し受理された。逆風にあらがって信念に従い、選挙民の為、都政の為に働くのが本物の政治家だが・・・。

それだけの器だったのだ。3月の小金井市議会選挙に全力!

マティス国防長官は、上院で反対が一票しかなく承認されたとのこと。当局の評価は?

マティス国防長官を任命したことが、トランプ大統領の国防に対する考えの基本であり、就任反対票が1票しかなかったと聞くがと、私の質問に対して、

 前田防衛省防衛政策局長が

「上院での国防長官承認の議決は、98対1でした。就任の演説に同盟の大切さを語ったとのこと」

 「マティス国防長官は、湾岸戦争、アフガニスタン戦争、イラク戦争のすべてに参加し、指揮をとった方で、現役、OBなど米軍関係者だけでなく、広く国民からも尊敬されている方です。」

と答弁。

 マティス国防長官は、先日、NATO(北太平洋条約機構)の理事会に出席して、「故郷に来た」と発言。

 NATO関係者からは、「お帰りなさい」と歓迎されたという報道があったが、防衛の基本は不動というメッセージが伝わってくる。日本にとってプロとして信頼出来る国防長官の誕生だ。

安倍総理とトランプ大統領、首脳同士が10数時間一緒に行動し、胸襟を開いて対話したことは、かつてないことですと外務省北米局長

朝8時から、政調安全保障調査会・国防部会の合同勉強会が開催され、防衛省、外務省両者から説明を聞いた。

 とりわけ圧巻だったのは、アメリカ現地時間、2月10日11日の両日の日米首脳会談の詳細を報告した森外務省北米局長。

 「両首脳は、10日(金)朝食会、昼のワーキングランチ、大統領夫妻との夕食会、移動途中の大統領専用機エアフォースワンの2時間。11日(土)のゴルフ、昼食、ゴルフ、大統領夫妻との夕食会、実質10数時間にわたって日米同盟の重要性と日米韓や日豪など多角的同盟の重要性を安倍総理がトランプ大統領に語った」

 と報告した。さらに

 「こんなに日米両首脳が緊密に時間を共有したことは、かつてないことであり、ヨーロッパ各国からも高く評価されている。」

と興奮気味に語った。

 安倍総理訪米の手応えを事務方も重く受けとめているようだ。

自分の国は自分で守るのが当たり前で・・・と前原民進党代議士、傾聴に値すると安倍総理

昨日2月14日の予算委員会は、安倍総理訪米、トランプ大統領との会談についての集中審議が行われた。

今日の新聞では、ほとんど報道されていないが、極めて重要なやりとりが民進党前原代議士と安倍総理の間で行われた。

衆議院予算委員会速記録(議事速報)を元に紹介する。

前原代議士は、安倍、麻生、岸田の各代議士をねぎらい、一定の評価をした上で、

(前原)

「トランプ大統領という方は社会の分断をつくる人で、評価がはっきり分かれる。そういう人物と親密になるリスクをどう考えるか」

(安倍)

「日本の選択肢はいくつあるのか。米国との同盟以外にあるのか・・・ミサイルディフェンス・・・して撃ち漏らしてし、またそれに対して報復する能力は米国しか持っていない。それしか選択肢はない。」

(前原)

「みずから様々な能力、それは防衛力だけではない。ソフトパワーも情報収集力能力も含めて、みずからの国はしっかりと、まずはみずから自分の足で立って、自分の国を守れるという体制をとることが、さまざまな選択肢をむしろつくることであって・・・」

(安倍)

「基本的な考え方として、私は今の前原議員ののお話は傾聴に値する・・・」

「この四年間、防衛費については8.5%のプラス、10年間ずっとマイナスであったものが・・・それと平和安全法制という形で、私たちの行えることを増やしてきた」

「しかし打撃力については米国が行い、基本的には盾の部分を行っているわけでございますが、専守防衛あるいは憲法の許す範囲において、何が出来るかという努力と検討というのは、常に行っていくべきではないかな」

(前原)

「自分の国は基本的に自分で守るのが当り前で・・・」

「民主党政権下においても、武器輸出三原則、共同開発共同生産、みずからの足腰を強くしましょう・・・」

「新たな防衛大綱というものも言ってみれば、北方重視から動的防衛力整備に変える・・・準天頂衛星アメリカのGPSだけに頼らない」

と述べた。

私は傍聴していて、なるほど実りの多い安全保障論議だと思った。引き続き期待したい。

 

アメリカ流民主主義、トランプ大統領が特定国の難民の入国禁止の大統領令を出し、連邦裁判所が効力停止の判断

まことに三権分立を絵に書いたような措置だ。

トランプ大統領は選挙公約に従って、中東・アフリカの7ヶ国からの難民等の入国禁止の大統領令を出した。

一方、提訴を受けた連邦裁判所の地裁と控訴審は、執行停止の処分を下したとの報道。

どんな法律に基づいて大統領令を出し、また連邦裁判所が判断したのか知らないが、実に米国らしいやり取りではないか。

トランプ大統領は、公約に基づいて実行した。司法は、その効力を停止した。明解な三権分立の民主主義だ。

トランプ大統領は新しい大統領令を出すと表現し、裁判所をコキおろしていが決定には従っている。

法の支配の国である。

岩手県三陸鉄道のオーナーになる

東日本大震災で被害にあった岩手県の沿岸の市町村は13で、合計人口は27万人である。

13の市町村を結ぶのが、

久慈~宮古 三陸鉄道北リアス線

宮古~釜石 JR東日本山田線

釜石~盛岡 三陸鉄道南リアス線

の合計163kmである。

JR東日本の山田線は、平成31年3月に全線復旧予定で、その後三陸鉄道に移管される。

昨年11月から三陸鉄道が、1口10万円で三鉄支援のためのオーナー募集を始めたので、申込みをして第2号のオーナーとなった。

尚、岩手県が寄附の受け皿となり、「ふるさと納税制度」が適用されている。

これからも三陸鉄道を岩手県復興の象徴として応援し続けたい。

三陸鉄道を応援していただける方は、是非ご協力をお願いします。

三陸鉄道株式会社 電話0193-62-8900

http://www.sanrikutetsudou.com/

<三陸鉄道の中村社長より、オーナー証を受け取る>

IMG_2447

IMG_2453

西岡小金井市長は、税金ゼロで新市役所と図書館など合計6施設を作ると公約したが・・・。

私は、昨夜の小金井あしたの会新春懇親会で、小金井市の現状を次のように述べました。

①西岡市長は、平成27年12月の市長選挙で、「市役所問題に決着」として「市民の税金を使わずに新市役所と図書館など6施設を合築する」と公約したが全く果たされていない。

②西岡氏とは、20数年前に無所属の小金井市議会議員に立候補した時からの付き合い。市議時代の西岡氏は、私のビアパーティーにも参加していたほどだ。その後は、菅直人氏に誘われて民主党の都議会議員となったので、公の立場での付き合いが無くなった。

③西岡氏が公人として、公約を果たすため誠実に全力をつくし小金井市民のために頑張るなら応援する。実績を見守りたい。

小金井あしたの会新春懇親会に170名超の参加で大盛会-稲葉前市長の呼び掛けで

昨夜、武蔵小金井駅南口の宮地楽器ホール1階で、小金井あしたの会と土屋正忠後援会が共催で新春懇親会が開催された。

 

中央線が事故で大幅に遅延するというハプニングがあったが、小金井市民中心で170名を超える人々が参加し和気あいあい賑やかな会となった。

 

小金井市議会からは、自民党の遠藤百合子、中山克己、湯沢綾子、吹春やすたか市議会議員。公明党からは、宮下誠、紀由紀子、渡辺ふき子、小林正樹市議会議員。また、前市議の五十嵐京子さんも駆けつけてくれた。

 

あしたの会5

安倍総理は、トランプ大統領と一緒にゴルフをプレーするという~昨年11月の大統領選挙当選直後に祝賀訪問した効果だ

外交で首脳間が、お互いに好ましい印象を持つことは極めて重大だ。

それが友情にまで発展すれば、外交効果は計りしれない。

昨日発表された安倍総理の訪米日程に、トランプ大統領とのゴルフが入ってる。

これから国益を競うのだが、信頼の一歩だ。

安倍総理は昨年、外交幹部の反対を押し切って、当選直後に訪米しトランプ氏の私邸を訪問したが、「私信なき志」があるからとれる行動だ。素晴らしい。

当時の現職オバマ大統領とは、ハワイの真珠湾でレガシーをつくったことでバランスをとった。

見事な安倍外交だ。

ふるさとの島で朝をむかえたい~平成29年北方領土返還要求全国大会

本日12時から、国立劇場大ホールで、恒例の北方領土返還要求全国大会が開催された。

昨年12月の安倍・プーチン会談を受けて、国民の期待が高まり、2階席まで満員の大盛況だ。

「ふるさとの島で朝をむかえたい」との母親の言葉を語る島民二世の女性が、「主権などむずかしい問題もあるでしょうが、島民の平均年齢は81歳、早く故郷へ自由に行き来できるよう期待している」と続けた。

安倍総理は、

①12月にプーチン大統領と会談、夕食をはさんで5時間、うち95分は二人だけで話した

②故郷の島で朝をむかえたいという島民の手紙は、プーチン大統領の胸に届いたと思う

③歴史的経緯にとらわれない未来志向の考え方で、特別な制度をつくるためのチームが本日発足する

④プーチン大統領は経済だけでなく、平和条約の締結が重要と発言した

⑤お互いに問題意識を共有出来たと思う

⑥国民ひとりひとりが理解を深め協力し、国民の意識を結集することが必要

と語った。

稀勢の里関ー自分は17歳から大國魂神社にお世話になっていますと謙虚な挨拶。大横綱への予感

稀勢の里関が、武蔵国総社大國魂神社で威勢よく節分の豆を撒いた。横綱に昇進したばかりの稀勢の里関を一目見ようと、例年の倍の2万人が参拝に訪れた。

 

稀勢の里は、スナップを効かせて軽々と遠くまで豆を撒く。拝殿の中央で撒き、東端に移り最後は西端。見物客にまんべんなくサービス。中々だ。

 

さらに秀逸だったのは、直会の席でのショートスピーチだ。「自分は17歳から大國魂神社にお世話になっています。横綱として稽古を重ね、全力を挙げて良い成績を納め皆様に報告したい」横綱になっても奢り高ぶらず、自分が隆の里の付け人として、17歳から毎年来ていることの歴史を隠さず述べる。立派だ!

 

堂々たる立ち振る舞いに、これなら連続優勝も?大横綱の予感。

 

IMG_1475

 

米国マティス国防長官、ベトナム湾岸で戦ったプロ中のプロの就任―プロはお互いに良い仕事をやるとのF・フォーサイスの小説のセリフを思い出した

就任までほとんど知らなかったが、マティス国防長官武官として米国ではプロ中のプロとして国民の信頼を集めている存在らしい。

戦争の現場に長年いた軍人は戦闘の悲惨さと困難さを肌にしみて実感しているので戦争には消極的で冷静で慎重派だという。

国益を守り、筋を通しながら慎重という立場は日米同盟を結び、抑止力を米軍にゆだねている日本にとってはパートナーとしてありがたい。

フレドリック・フォーサイスの第四の核という小説の中で、ソ連の一部の政治的な指導者が超小型スーツケース型核爆弾をイギリス国内で爆発させることを企むが、ソ連・英国の情報のプロが「あうん」の呼吸で阻止するというストーリーがある。

その決め台詞は「プロ同士だとお互いに良い仕事をする」だ。これからどのような働きを見せるだろうか。

さっそく本日2月4日カウンターパートの稲田防衛大臣との会談で懸案の「米軍駐留経費は適切」「尖閣に日米安保適用」で認識が一致したという。選任したトランプ大統領の宰領が評価される。

祝 横綱昇進 稀勢の里関ー大國魂神社節分祭

IMG_1475

稀勢の里の節分豆まき-明日3日に大國魂神社で夕方5時。

稀勢の里関は、平幕時代から過去10回余り連続して府中市の大國魂神社節分祭に来会して、集まった人々に声援を受けていた。

「やがて横綱に」と決意を述べてきただけに、念願達成でさぞかし嬉しいことだろう。

明日の晴れ姿が楽しみだ。

漁師さん希望の若者が徐々に増えている~水産部会で頼もしい報告

久しぶりで自民党政調水産部会に出席した。

様々な議題のある中で、明るい報告も。

新規漁業就労者数が、

2007年 1081名 を底として

2008年 1784名

2009 2002名

2014 1875名 と上昇気味。

2007年までは、1,200名前後だったからみると明らかに上昇だ。

若者の気質が変りつつあるのが、何よりのことだ。

国の総費用は、143兆円。そのうち社会保障費用80兆円~平成27年度決算

衆議院予算委員会で、平成29年度予算審議が始まった。

この審議に先立って、平成27年度国の財務書類が財務省から届けられた。

貸借対照表によれば、資産合計672兆円余、負債合計が1,193兆円、差引520兆円余の債務超過だ。

ちなみに、累積の国債残高は917兆円だ。

平成27年度単年度の費用、143兆円のうち、社会保障関係費は80兆円(内補助金32兆円)だ。

主たる財源は、租税収入60兆円余、社会保険料51兆円で、財源合計は121兆円余、差引21兆円余の超過費用になる。

財政的には、先進国中、最悪だ。

国債は円建てで内債だが、917兆円の債務がある。金利上昇があると相当きつくなる。

財政を考えると目がくらみそうになる。

 

トランプ大統領の交渉術、まず思いっきり高い球を投げる。次にやや高めの球を投げる。相手は勝ちとったような気持ちになる。

中東の特定の国からの難民を入国させない大統領令を出した。

空港は大混乱。法治の国だから、大統領令には従わざるを得ないのだ。

司法長官代理が反対すると「お前はクビだ」。

人々は右往左往し、支持者は喜ぶ。自分に与えられた権限を楽しんでいるようだ。

落ち着き先は? そこそこ落ち着くのだろうか。

「日本は為替管理によって米国の富を奪っている」と日本の金融政策にも牽制球。

2月10日の安倍総理の訪米をひかえ高めの球か。

トランプ流交渉術にはまって、日本のマスコミが騒ぐと術中に陥る。

野田民進党幹事長の代表質問~ツイッターを使うトランプ大統領を信頼出来るか?

(野田氏)

「昨年11月に、安倍総理は当選して間もないトランプ氏と会談しましたが、まだ権限の持たない次期大統領との会談後、

総理は「私はトランプ次期大統領は、まさに信頼できる指導者であると確信しました」と述べました。

その言葉は、今も変わってないのでしょうか?」

野田幹事長は、民進党の良識を代表するひとりと理解していましたが、アメリカ大統領に就任したばかりのトランプ大統領を信頼しなくては同盟国の役割を果たせないことは明白だ。

トランプ大統領は4年間続くのである。

総理までやった野田さんは、「トランプ大統領は信頼出来ない」という答弁を期待していたのだろうか。

 

 

私の家には、少子化という言葉はありませんと元気な若夫婦~小学生から1歳までの5人の子宝

地域では、様々な市民に出会う。

武蔵野市の書初め展で出合った家族連れ。

「あら、市長さんだ」と女性。「今は代議士さんだよ」と男性。

仲良し夫婦だ。小学生を筆頭にお子さんが5人。

みな元気そう。お正月らしい明るいご家族に出会った。

IMG_20170121_142605

言論の府である国会の中で、プラカードを掲げても何も生まれません~安倍総理の施政方針演説

本日午後1時から、風花の中、天皇陛下をお迎えして第193回国会の開会式が始まった。

午後2時からの安倍総理の施政方針演説は、「天皇陛下のご公務の負担軽減等について・・・静かな環境の中で・・・成案を得る考えであります」から始まった。

内容は、安全保障、経済、社会保障、農業改革など多岐にわたったが、沖縄の北部訓練場4,000ヘクタールの返還について述べるとともに、民主党政権の「最低でも」と言ったことにふれ、「現実は1ミリも変わりません」と皮肉った。

さらに、「ただ批判に明け暮れたり、言論の府である国会の中で、プラカードを掲げても何も生まれません」と牽制した。

駐日EU大使イスティチョアイアさんとイギリスのEU離脱の影響について懇談

旧知のイスティチョアイア大使夫妻から、私の誕生祝いをかねてランチのお誘いがあり、EU大使館を訪問した。

現在進行形のイギリスのEU離脱について意見交換した。

また天皇陛下の退位の法律改正についての質問があり、私からは明治以降150年ぶりになること、日本社会に与える影響についてなどを申し上げた。

イスティチョアイア大使は、元ルーマニア国駐日公使などを務め、その後EUの国際公務員となり大活躍している。

令夫人にも気品とやさしさに満ちた素敵な女性だ。

私の誕生日祝いということだったが、途中からEUや日本文化等の話に熱がはいり、ビジネスランチの様相だった。

20年来の友人だが、各々の立場を超えて友情が永続しているのは、ありがたいことだ。

image1