土屋正忠のホームページにようこそ! | HOME

直言!土屋正忠のブログ

小池都知事が中央線複々線化の実現の方策を探るため、令和5年度予算に5000万円の調査費を計上したのは、後世に残る大英断ですねの画像
1/27発表の都の令和5年度予算に“多摩地域を支える交通ネットワークに関する基礎調査”として5000万円の調査費がついた(1/28ブログ参照)。小池都知事の大英断です。 ...
東京多摩地域の真ん中を、東西に走るJR中央線は大動脈だ。立川市には首都直下地震に備えた国の防災基地もある。国と都の最優先事業として複々線化を進めるべきだの画像
新宿駅から立川駅までは、ほぼ直線で27km。さまざまな公共鉄道が交差して、軌道系ネットワークを構成している。 東中野で都営地下鉄大江戸線、中野駅で東京メトロ東...
中央線三鷹~立川間を複々線化するには、どのような仕組みを作るべきなのかー立川市で講演。高架化事業実現の経緯を踏まえての画像
昨日2/1、中央線三鷹・立川間立体化複々線化促進協議会および都市モノレール等建設促進協議会の合同役員会で講演した。 立川市が主催し、両会の役員市10市の部課長が...
岸田総理、育休中にリスキリングをと発言。「無理だね」と国民の声。武蔵野市は子育て中のママ・パパと子どもの居場所“0123吉祥寺”を30年前につくるの画像
岸田総理の発言への国民の声は ① 子育てに全力で、スキルアップの時間と余裕がない。 ② そもそも育休は、子育てに専念する期間ではないか。 ③ 子育ては充実した時...
東京三多摩地域に住む都民の利便と防災力を高めるため、中央線を複々線化しようー東京都が令和5年度予算で調査費の画像
昨日、1/27発表の東京都予算に中央線三鷹~立川間の複々線化推進のための調査費がついた。三鷹駅までは中央線と総武線・地下鉄東西線の二線が整備されている。昭和44(1...

略歴

  • 昭和17年 東京生まれ
  • 昭和35年 都立武蔵高校卒業
  • 昭和41年 早稲田大学法学部卒業
  • 昭和41年 武蔵野市役所就職
  • 昭和50年 武蔵野市議会議員(2期8年)

武蔵野市長として

  • 昭和58年 武蔵野市長(6期22年)
    ・東京都市長会 会長
    ・東京都三多摩地域廃棄物広域処分組合管理者
    ・東京都卸売市場審議会 委員
    ・文部科学省中央教育審議会 臨時委員
    ・国土交通省社会資本整備審議会 委員

衆議院議員として

  • 平成17年9月 衆議院議員(東京比例区) 初当選
  • 平成18年9月 総務大臣政務官 就任(~平成19年8月)
  • 平成21年8月 第45回衆議院議員総選挙 惜敗
  • 平成24年12月 衆議院議員(東京18選挙区) 2期目当選
  • 平成26年12月 衆議院議員(東京18選挙区) 3期目当選
  • 平成27年10月 総務副大臣 就任(~平成28年8月)
  • 平成29年11月 第48回衆議院議員総選挙 惜敗