土屋正忠のホームページにようこそ! | HOME

これからだ日本 私の決意

衆議院議員 土屋正忠安倍内閣が発足して二年、日本は見違えるように元気になりました。
デフレからの脱却、経済の建て直し 大胆な金融緩和、機動的な財政出動、民間投資を喚起する成長戦略で日経平均一万七千円台。過度の円高の是正、企業利益を社員の給与へなど、二十年ぶりに経済の好循環が回り出しました。
教育の再生、子育て支援 教育委員会改革、学力の向上、体験学習の充実、大学のガバナンス向上等で未来のノーベル賞研究者を。幼児教育や保育の充実のための新制度も来年四月から始まります。
社会保障改革 消費税八%を財源に、医療、介護、難病対策、障害者福祉、年金など、持続可能な制度をめざして各分野の検討が始まりました。
日本の安全保障 外交、防衛も日米同盟の信頼強化の上に立って、確かな歩みを始めました。尖閣諸島や、ユネスコ世界自然遺産に登録された小笠原近海の領海侵犯にも海上保安庁を中心に冷静かつ的確に対応し、国家の存立と国民の安全に万全な体制で臨んでいます。
一方、福島・宮城・岩手の復興、地方創生、人口減少対策、エネルギー問題、CO2対策など課題山積です。安倍総理を先頭にリアリティのある政治を責任もってすすめます。
これからだ日本、この道を行こう。
私は衆議院議員六年、武蔵野市長二十二年の経験を活かして、国政の真ん中で全力を尽くすことをお約束致します。皆様の変わらぬご支援を切にお願い致します。

平成二十六年十一月
衆議院議員 土屋正忠

略歴

  • 昭和17年1月13日東京生まれ
  • 昭和35年都立武蔵高校卒業
  • 昭和41年早稲田大学法学部卒業
  • 昭和41年武蔵野市役所就職
  • 昭和50年武蔵野市議会議員当選
  • 昭和54年武蔵野市議会議員当選(二期目)

武蔵野市長として

昭和58年5月、第4代武蔵野市長に就任。

  • 昭和58年武蔵野市長初当選
  • 昭和62年武蔵野市長選挙当選(二期目)
  • 平成03年武蔵野市長選挙当選(三期目)
  • 平成07年武蔵野市長選挙当選(四期目)
  • 平成11年武蔵野市長選挙当選(五期目)
  • 平成15年武蔵野市長選挙当選(六期目)

衆議院議員として

小泉総理 (当時)の強い要請を受け出馬。

  • 平成17年9月11日衆議院議員初当選
  • 平成18年9月総務大臣政務官 就任
  • 平成24年12月16日衆議院議員 2期目

衆議院議員での仕事

2期目 平成25年1月
■ 衆議院

  • 法務委員会 理事
  • 総務委員会 理事
  • 憲法審査会

平成24年12月16日 衆議院議員 2期目 当選■ 自由民主党

  • 総務部会長

2期目 平成26年9月
■ 衆議院

  • 地方創生に関する特別委員会 理事
  • 法務委員会 理事
  • 総務委員会 理事
  • 憲法審査会

■ 自由民主党

  • 財務金融部会 部会長代理
  • 子ども元気!農山漁村で育むプロジェクト小委員会 委員長