「平成29年度予算が本日衆議院可決-明日から参議院で審議。一ヶ月以上あるので年度内可決確実」

「平成29年度予算が本日衆議院可決-明日から参議院で審議。一ヶ月以上あるので年度内可決確実」

本日、2月27日午後5時23分に平成29年度予算が自・公、亀井静香氏等の賛成で衆議院で可決された。

 

採決が28日という見方もあったが、結果として一日早い可決だ。参議院に送付して一ヶ月以内に採決されない時は、衆議院の可決が優先するので年度内成立が確実だ。

 

民進党の反対理由は

①文科省天下り問題

②共謀罪反対

③南スーダンにおける自衛隊PKOについての情報隠しと稲田大臣に対する不信

④大阪の国有地払い下げ問題

等を挙げた。

これらは大事な問題だが、経済・国防・社会保障・教育等のように国政の本流本質ではない。

 

我々、政権与党は脇を固め謙虚にならなくてはならないが・・・。